MENU

『食を通じた地域起こし』支援事業食べ興しニッポン

「【地方創生】の〝種“は地域に眠っていると思うのだがなかなか上手に活かせていない。」そんなご相談を自治体様からいただくことが増えています。

人口減少、少子高齢化、雇用の減少、農家の後継者不足に伴う高齢化、等々、【地方創生】として取り組むべき課題は多種多様で複雑ですが、
私達は「地域特産品のブランド化」が、様々な課題を好転させる【センターピン】になり得ると感じています。

【1次産業】である農産物のブランド化が果たされれば、それを活用して【2次産業】である地域の加工メーカーは販路開拓が進みやすくなり、
それを活用して【3次産業】である土産品売上増や、その効果により観光客増も見込めます。
その結果として、農家の所得増、後継者確保、2次産業&3次産業の雇用増、等が目指せると考えています。

特に「〝食“と〝観光”は足し算ではなくて掛け算の相乗効果がある」と言われるように
「地域特産品のブランド化」と「観光振興策」で1つの大きな戦略で推進できれば、より高い効果が期待出来ます。

そこで私達は、全国各地で【地方創生】の〝種“を活かす「経営戦略立案」から「商品開発」「販路開拓」まで実践的なご支援を展開して参りました。